2007年09月16日

10秒、20秒、1,2,3,・・・

久しぶりに、NHKの将棋対局・囲碁対局を見ました。
お孫さんを抱っこして、あやしながらのTV観戦です。

自分自身は、それほど強くありませんが、
解説を聞きながら見ていると、自分が強くなったような気になります。

戦いですから、ロマンを感じますし、
勝利者にも敗者にも、プロ意識と美学を感じます。

頑固だけど、素直で、純粋なやつらという、イメージです。

誰が考えるのか、棋士の個性に対して、
的を得たネーミングも面白い。

自然流・泥沼流・さわやか流・地蔵流・かみそり・ライオン丸・鈴木美学・重戦車・忍者屋敷・受ける青春・妖刀・光速の寄せ・などなど。
(後日、いくつか足しておきます。)
(囲碁だと、武宮さんの、宇宙流がカッコイイ。)

考慮時間を使い切ると、30秒以内に指さないと負けになります。

がらがら仙人、持ち時間を使いきりましたので、
これからのブログは、1行30秒以内で書くよう、お願いします。

・・・10秒、20秒、1,2、3、・・・

参りました!!!
(投了です。)





posted by GARAGARA-SENNNINN at 23:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年8月14日〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55693367
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 持ち時間持ち時間(もちじかん)とは、将棋、囲碁などのボードゲームをする際にあらかじめ定められた対局に使用できる時間限度のこと。持ち時間を使い切った対局者は負けとなる。対局両当事者に同じ持ち時間を定める..
Weblog: 囲碁の知識
Tracked: 2007-10-09 14:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。