2015年02月11日

がらがら仙人よ、君はチョコレートのために死ねるか!? その2

「お誕生日が来ると、おまえは贈りものをもらったり、お祝いのことばを受けたりするのがならわしだった。
 けれども、このナイニー刑務所から、わたしはなにを贈りものにしたものだろうか?」

ジャワハルラル・ネルーは、1930年代、イギリスからのインド解放闘争に参加し、
マハトマ・ガンジーの不服従非暴力運動にも協力し、彼は何度も投獄されていました。
そして、刑務所から、14歳の娘インディラに世界歴史を語る200通の手紙を送りました。

ジャワハルラル・ネルーは、1947年に独立を達成したインドの初代首相に就任し、
娘のインディラも第5代・第8代首相となるのですが、
父が子に語った世界観が、娘の人生に大きく影響したことは間違いないと思えます。

手紙の中には、昨日紹介した「愛は平和ではない・・・・」の一節もあるのですが、
がらがら仙人には、他に気になる一節もありました。



みすず書房 『父が子に語る世界歴史』 ジャワハルラル・ネルー著 大山聰訳 全8巻 第2巻 より

はじめの頃は「寛容」を大切にしたイスラム教も、そしてまたキリスト教も、いつしか様子を変えてゆく。やってきたのは、宗教どうしの対立と十字軍の時代、あるいは『アラビアン・ナイト』の時代だった・・・・・。



あら、まあ、冷静で平等で見事な洞察力ではありませんか。
がらがら仙人には、どうも宗教戦争というのが理解できません。
どう考えても「神の為の戦い」ではなく、「エゴ人間が神の名を利用している戦い」だとしか思えません。

ジャワハルラル・ネルー氏は最愛の娘に対して、
プロパガンダや宣伝広告に翻弄されない、真実と真理を見る心を育てたかったのだと思います。
それは優しさに満ちながらも、厳しい言葉となって現れています。

くどい・しつこいは承知の上で、再び、昨日と同じ手紙の一節を記載します。



みすず書房 『父が子に語る世界歴史』 ジャワハルラル・ネルー著 大山聰訳 全8巻 より

   愛は平和ではない
   愛は戦いである
   武器のかわりが
   誠実(まこと)であるだけで
   それは地上における
   もっとも激しい 厳しい 
   自らを捨てて 
   かからなければならない
   戦いである
   我が子よ
   このことを
   覚えておきなさい






posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。