2015年02月09日

バレンタイン新時代

がらがら仙人は、バレンタインの新時代を考察すべく、テレビ取材を敢行しました。
ネタ元は、ズバリ、『妖怪ウォッチ』であります。



何もかもごくごく普通であることがコンプレックスの小学校5年生、天野景太(ケータ)氏によれば、
『本命チョコを追い求める時代は終わった!』と言います。
義理チョコ、トモチョコをはじめ、逆チョコ、自己チョコなど、
邪道ともいえる亜流の贈答チョコが氾濫している現代にあって、
その価値を追求することの困難さと非効率的な労力に、疑問を抱かずにはいられないと言うのです。

現実的な対応として、広く浅くチョコを収集することがベストな対応であり、
現代の男としてのステータスは、『義理チョコ』をいかに多く集めたかで決定されるとのこと。
もし、その中から、『義理チョコに見せかけた本命チョコ』を発見できれば、
この上なくチョー・ラッキーなのではないでしょうか、という意見でした。

その為には日ごろから、特にバレンタインデー直前には、『好感度アップ』を図ることが重要!!
これは現代の下克上であり、新時代の幕開けは好感度の天下を取ることにあると主張しておいででした。



目からウロコの貴重な意見を伺ったところで、がらがら仙人的にまとめてみました。
「下心がスッポンポンの丸出しモッコリでもいいじゃないか、
 バレンタインは、クリスマス同様に宗教とは少ししか関係ないのだから、
 公明正大に、ウニャニャニャ・ウニャニャニャ・ウニャーニャーニャーしようではありませんか!」




posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413713171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。