2014年08月11日

遥かなる・がらがら仙人 そのよん

『教祖が音声波動を当てたエネルギー水を多量に飲む』という健康法なのですけど、
教祖さまは、けっこう、突拍子もないことを言っていました。

一般庶民には、確かめる術(すべ)がないことをいいことに、
人間は死ぬと、老人として、霊界に!、生まれ変わると、発言していました。
そして、1年ごとに若返っていき、中年になり若者になり、赤ちゃんになって0歳になったところで、
この世に!、生まれ変わるんだそうです。

ほんまかいな!

でもまあ、そんなことはどうでもいいやと、がらがら仙人は、考えました。
  ( がらがら仙人は、細部にこだわらない、大雑把な性格なんです。 )
重要なことは、教祖様の音声を当てた「波動水」に効果があるかどうかです。

当時は、「アルカリ・イオン水」なんて言葉は、聞いたこともありませんでしたが、
高専の化け学科(工業化学科・ケミストリー)を卒業したがらがら仙人は、
水・エイチツーオーは極性分子であり、通常の状態では、水素結合により分子が集団化し、
クラスターと呼ばれる「分子集団」として挙動すること知っていました。
オペラ歌手の歌声がカラスのコップを割ることができるなら、
教祖の音声がエネルギーとして共鳴を起こし、クラスターを分解・細分化させられるかもしれない。
普通の水道水を、クラスターの小さい「分子集団」として挙動させることができたなら、
水としての性質が変わり、肉体にも(教祖様は霊体にも)良い効果があるのかもしれない。
  ( 実際、水道水に油は溶けませんが、クラスターを細分化した水には溶けます。
    界面活性剤を使わない純水系の洗浄液は、この原理を応用したもです。 )



で、実際に効果があったかどうかと言うと、半年くらい続けたのかなあ、
カンバシクナカッタのよねえ、これが。

( もっとも、自己啓発セミナーとかやってる先生に言わせると、
  人間の成長とか進歩は、変化が何も起きてないかのような「潜伏期」を経て達成される。
  変化がないからと言って、早計に挫折するのは、もったいないし、凡人のなすことなり。
  自己啓発セミナーでも受けて、結果が出るまで、モチベーションを維持した方がいいよ。!)

そうなのよねえ、がらがら仙人は、諦(あきら)めやすく、飽きっぽい性格なのよねえ。

つづく








posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405076223
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。