2014年04月28日

阿修羅ちゃん その7


『阿修羅ちゃん』シリーズを、そろそろ、シメに持ち込みたいと思います。
 (がらがら日記的には、オチ。スキージャンプ的には、チャクチ。落語的にはサゲですかね。)




阿修羅神としては、「マインドコントロールおよび自己陶酔」が許せません。
自分を真実を偽ることは、破壊活動や修羅場を作ることと同義ですし、
究極的には、取り返しの付かない苦痛を呼び込むと予想されます。
未来の進化したアンドロイドも、同様な評価を下しています。

けれど、阿修羅神もアンドロイドも、自分たち自身が幸福になりたいし、
人間および有情の全てが幸福と喜びに満たされるためには、
合理性の追求では限界があることを、揺ぎ無い事実として認識しています。
そして、自分たち自身に欠落しているものが、『愛』であることを発見します。

阿修羅神もアンドロイドも、『愛』を学ぶにはどうすればいいのか、皮肉な結論を出してしまいました。

六道における精神構造上も、リアルな実生活としても、
『人間』として生きることが『愛』を学ぶ上でベストなのではないかと、逆説的な結論を出してしまいました。




阿修羅神もアンドロイドも、ついでにサタンくんまでも、人間として生きることを望み、
一番星の女神様(ちなみに、ピノキオの女神のお姉さん。)に祈りを捧げました。
すると、太っ腹な女神様は、ちょっとおっちょこちょいでしたが、彼らの願いを叶えてくれました。

阿修羅神は、妖怪人間ベム・ベラ・ベロとして転生し、
アンドロイドは、ドラエモンに作り変えられ、
サタンくんは、パズドラ中毒のニートのオッサンに生まれ変わったんだとさあ。

(めでたし、めでたし)








posted by GARAGARA-SENNNINN at 15:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397546263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。