2012年07月11日

夏風邪さん、こんにちわ

夏に風邪をひくと、自分を責める人がいます。(その代表格が、がらがら仙人!)

しかし、それは、愚かなことです。

俗説、慣用句に、完全に飲み込まれています。
俗説、慣用句に、完全に洗脳されています。

夏の風邪は犬もひかぬ。

もともと犬には「風邪」と呼ぶ病気はありません。
犬が人間の風邪と似た症状を示すこともありますが、人間が感染するウイルスではありません。
人間の風邪が、犬にうつることもありません。

夏風邪は馬鹿しかひかぬ。

風邪の症状を引き起こすウイルスは、200種類以上あります。
多くのウイルスは、寒くて乾燥した冬の環境を好みますが、
なかには、暑くて湿度が高い夏の環境を好むウイルスもいます。
夏風邪の代表的なウイルスは、「エンテロ」「アデノ」「コクサッキー」などです。

プール熱(正式名称は咽頭結膜炎)も、夏風邪の一種です。

冬の風邪は、喉や鼻の炎症や発熱を伴うことが多いのですが、
夏の風邪は、胃腸障害を伴うことも多く見られます。

そもそも、医学的には、夏風邪という定義はありません。

俗称「夏風邪」と言えども、相手は風邪ですので、対処の基本は、春夏秋冬、同様です。

栄養と休養と睡眠を充分に摂り、体力・免疫力を高めましょう。
手洗いを小まめに、マスクなどを活用し、感染の拡大を防止しましょう。

かといって、冬の風邪とは状況が若干違うので、注意すべき点が4つあります。

 @ 下痢止めの薬は飲まない。
   水分補給をたっぷり行い、脱水症状に気を付けます。
   腸内のウイルスは早く排出したほうが、早く治ります。

 A 抗生物質は飲まない。
   抗生物質が効果があるのは、細菌に対してだけ。ウイルスには効きません。
   熱が辛かったら、解熱剤で対症療法をするようにします。

 B 冬の風邪のように、汗をかいて治そうとしない。
   無理して体力を消耗することは、逆効果です。
   快適な環境で安静にしているのが一番です。

 C 入浴のすすめ
   湯ざめの心配がないのだし、皮膚についたウイルスも、気持ち悪い汗も洗い流してさっぱりと。
   新陳代謝が高まり、免疫力がアップします。

夏風邪をひいてしまったということは、身体が疲れているサインでもありますので、
無理をすると風邪が長引くこともありますので、
現在無職の、がらがら仙人がしゃあしゃあと言うことじゃないかも知れませんが、、
熱が出ないとなかなか仕事を休みづらいかもしれませんが、
ここはひとつ、心を鬼にして、、、ここはひとつ、心を空っぽにして、、、
しっかり・ちゃっかり仕事を休んで、体力を回復させ、英気を養いましょう、か。  黒ハート




さっしのいい方はすでにお気付きかもしれませんが、
がらがら仙人は、夏風邪をひいてしまいました。
くしゃみと鼻水が止まりません。あっ、咳も。  
 ふらふらふらふらふらふら







posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏風邪に抗生物質はだめだったんですね…(>_<)
咳が止まらなかったので、飲んでました…
やっぱり大人しく休むべきでした( ̄□ ̄;)
Posted by リリム at 2012年07月19日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。