2010年01月26日

語源由来辞典を探索 しめなわ

こんな辞典を待っていた。
有意義なサイトです。
しみじみと、ルーツを探りましょう。


語源由来辞典:http://gogen-allguide.com/


今日は、『しめなわ』をとりあげます。

あれっ、コピペができない。

もろ、著作権に引っかかるみたいです。

抜粋して紹介します。



しめ縄とは、神事の神聖な場所と下界を区別するために張る縄のことです。
しめ縄は『標縄』とも書き、
一般の立ち入りを禁じ、皇室や貴人が占有した、
文字どうり『占める』縄のことでもありました。
さらに『注連縄』とも書きますが、
中国で『注連(ちゅうれん)』とは、
死霊が入り込まないように、水を清め連ね張った縄を意味し、
一定の間隔で藁を三・五・七本と垂らすため、『七五三縄』とも呼ばれます。



がらがら仙人は、どうも、現代人の浅墓さに苦言を呈せずにはいられません。
物事すべてにはバックボーンがあり、ルーツがあることを、
蔑ろ(ないがしろ)にしては、いけないのではないでしょうか。



あれっ、
『ナイガシロ』なんて言葉は、
使うのも聞くのも久しぶりかなんじゃないの!!!






posted by GARAGARA-SENNNINN at 23:30| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙人さまは、面白いです!すごい!
お仕事、無理しないでねっ
Posted by ぼー at 2010年02月05日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139456031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。