2009年07月26日

バット・タワー 8

母は強し。



長女が、「きゅうちゃん」の離乳食を、

ペットショップで買ってきました。

鳥などにも食べさせますが、

「ワーム・ミール」という、

(得体の知れない?)虫を粉状にしたものでした。

小奇麗にパックされていて、しかし中身は虫の粉末ですから、

臭いもきついし、見た目も、イメージも、あーいやだ、

がらがら仙人は勘弁してほしいと思いました。



それでも、「きゅうちゃん」が食べてくれるかどうかわからないということで、

もう一つ新鮮な食材をペットショップの店員さんに勧められたようです。

それは、ずばり、「いもむし」くん。

プラスチックのタッパーに、うごめく「芋虫君」、もちろん生きています。



なんでも、「ふんころがし」の幼虫ということで、

保管は冷蔵庫でお願いしますとのこと。

そうしないと、早く孵化して、成虫になってしまうとのこと。

コウモリの離乳時に与えるときは、直前に磨り潰すそうです。

自然派志向の新鮮な食材は、どんなグルメコウモリもまっしぐら!



がらがら仙人も奥様も、飼育放棄を神に申し出たい気持ちなのですが、

長女様には、すでに、

コウモリの母親代わりとなる堅い決意がみなぎっています。



願わくは間違って、

「ワーム・ミール」や「フンころがしの幼虫」を

おいらが間違って口に入れたりすることがないように。







posted by GARAGARA-SENNNINN at 23:30| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゅうちゃんの話 面白いので 早く続きをぉ〜!(笑)
コウモリさんの生えさが ペットショップにあるとは しりませんでしたっ
Posted by ぼー at 2009年07月29日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。