2009年02月19日

村上春樹様、ごめんなさい。

村上春樹さんの小説は、一度も読んだことがありませんでした。

名前は記憶していましたが、
角川春樹さんと区別がつかなかったこともあって、
村上春樹さんはメディアミックス的な作風なんだろうと、
若気の至り、がらがら仙人は勝手に解釈しておりました。


ここに来て、村上春樹さんがマスコミの注目を集めています。

『エルサレム賞』を受賞し、
会場のイスラエルで、スピーチを行ったというものです。


  ふーん、村上春樹さんの小説は外国語にも訳されているんだ。
  初耳なんですけど、『エルサレム賞』って、なに?
  へーえ、個人の自由と社会や政治を題材にした優秀作品に贈られるんだ。
  あら、過去の受賞者には、英国の哲学者バートランド・ラッセルや、
  メキシコの詩人オクタビオ・パスなんかの名前もあるのね。


しかし、村上春樹さんには、批判の声も上がっていました。

イスラエルといえば、
パレスチナ自治区のガサへ侵攻し、
国際的な非難を浴びている国です。

そんな所にノコノコ行って、(浅ましく?)賞なんかもらって、
ヘイコラしている場合じゃないでしょう、、、という批判です。


結果は、がらがら仙人をはじめ日本国民が驚くべきものでした。

イスラエルの地において、
堂々と臆することなく整然と気品を持って粛々と、
小説家としての自己の立場から、ガザ侵攻を批判したのでした。


  『私は立ちすくむよりもここに来ることを、目を反らすよりも見つめることを、沈黙するよりも語ることを選びました。』

  『高く堅固な壁と卵があって、卵は壁にぶつかり割れる。そんな時に私は常に卵の側に立つ』


全文を紹介できなくてとても残念ですが、
誰もに感動を与える、すばらしい演説でした。
会場の人々だけでなく、
がらがら仙人も、スタンディングオベイションです。
惜しみない拍手を送ります。

  (この際、『がらがら日記』とはエライ違いだなどと、
     当然過ぎることは口にしないでください。)









posted by GARAGARA-SENNNINN at 23:00| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も 立ち上がり拍手します!新聞1面の Nさんとは対照的でした。自分で稼いでいる人と 税から報酬もらってる人と… 世界には魑魅魍魎がうようよしているのか
Posted by ぼー at 2009年02月22日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114593739
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。