2015年02月07日

がらがら・バレンタインデー

『愛の戦士・がらがら仙人』が、
新潟の実家が浄土真宗大谷派というコテコテの仏教徒であるにもかかわらず、
チョコレートがもらえない悔しさとコンプレックスがあるにもかかわらず、
『愛の誓い』を、本日はお日柄もよろしく、やらしてみたいと思います。



まず、「イスラム国」による、「日本人誘拐殺人事件」に言及したいと思います。
この事件が、強権国家を標榜している安部首相に、イイヨウに利用されないか懸念していますが、
日本という国家の中で生活している・がらがら仙人に、明確な決意をもたらしました。

「テロ」あるは「戦争」、どう向き合えばいいのでしょうか。
極悪非道・冷酷無比・傍若無人・無理理不尽であり、究極に不幸なことではございますが、
目くじらを立てて、ヒステリックに無軌道に騒ぎ立てるだけでは、問題は解決しません。

氷を無くすには、氷を砕くことよりも、『氷を熔かすこと』を考えるべきです。
したたかに、粘り強く、『愛の道』を堅持することが重要になります。

つまり、『清水の次郎長』と『ナイチンゲール』の『合わせ技』が必要になります。

「敵」とか「味方」とかは、立場の違いでしかありません。
「敵を全滅させる」と言う考えは、妄想ですし危険ですし「抗争」のロジックに組み込まれています。

『清水の次郎長』の信念と『ナイチンゲール』の優しさを合わせて、
『マザーテレサ』のように、『大きな愛』に献身するのが、ベストな選択かと思われます。

たとえチョコレートがもらえなくても、がらがら仙人は『愛の道』を進むべきなのです。

あれっ、バレンタインデーは来週でしたが、勘違いして今日バレンタインのつもりで書いちゃいました。




posted by GARAGARA-SENNNINN at 09:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

がらがら仙人が、バレンタイン司教に問う

たかがチョコレートとおっしゃいますが、されどチョコレートなのであります。
がらがら仙人は、恨みとか絶望感から、モノ申しているわけではないのです。
ウィキペデイアで検索した結果、嘆かずにはいられないと言うことです。

『バレンタインデー』の起源や発展過程など、がらがら仙人にはどうでもいいことです。
ノーチョコレートという厳しい現実もさることながらに、
以下の記事を、バレンタイン司教はどう考えるのか!???
(ウィキをほぼ丸写しで転記)



サウジアラビアのバレンタイン:
サウジアラビア人の大半は近年までバレンタインデーの存在そのものを知らなかったが、近年の外国文化の流入によって一般的に認知されるようになってきた。
2004年2月にサウジアラビア最高位の宗教指導者であるアブドルアジズ・アール=アッシャイフがバレンタインデー禁止のファトワーを出した。「バレンタインデーは偶像崇拝を行うキリスト教の祝祭であり、アラーを崇拝するムスリムがこの祝祭を祝うことは許されない、神の怒りと罰をおそれこの祝祭を忌み嫌い否定することがムスリムの義務である」と表明した。このファトワーを受けて、サウジアラビアの宗教警察である勧善懲悪委員会はバレンタインデーはイスラムの教えに反するとして本格的な禁止措置に乗り出し、店頭からバレンタインデー関連の商品を撤去させたりしている。しかし、宗教的な禁止にもかかわらず多くの人たちがバレンタインデーを行い、いくつもの業者が商品を販売している。
2009年2月11日に勧善懲悪委員会の委員を務めるサッターム・ビン・アブドゥルアズィーズ王子がサウジアラビア国営放送に出演してバレンタインデーを祝うものには最高刑で死刑もありうると発言するなど、取締りの過激化へ向かう方向へ進んでいる(誤解を招く情報、且つ不適切な引用)。
このような経緯から、サウジアラビアではバレンタインデーは違法行為となっており、全面禁止されている。



がらがら仙人は、バレンタイン司教に問いたい。
こういうことだから、イスラム関連は怖いといわれるんだよね〜〜〜。
踊る阿呆に見る阿呆などと、のん気なことをいってられないじゃないのさあ〜〜〜。
もうチョコレートと関係なくなってない??!!
サウジアラビア人庶民のような『合理性』をがらがら仙人は持っていないので、
バレンタイン司教様のおかげで、またまたひとつ、悩みが増えちゃったじゃないのさあ。
げきおこぷんぷんまるですよ、どうしてくれんのかねえ。





posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

バレンタイン新時代

がらがら仙人は、バレンタインの新時代を考察すべく、テレビ取材を敢行しました。
ネタ元は、ズバリ、『妖怪ウォッチ』であります。



何もかもごくごく普通であることがコンプレックスの小学校5年生、天野景太(ケータ)氏によれば、
『本命チョコを追い求める時代は終わった!』と言います。
義理チョコ、トモチョコをはじめ、逆チョコ、自己チョコなど、
邪道ともいえる亜流の贈答チョコが氾濫している現代にあって、
その価値を追求することの困難さと非効率的な労力に、疑問を抱かずにはいられないと言うのです。

現実的な対応として、広く浅くチョコを収集することがベストな対応であり、
現代の男としてのステータスは、『義理チョコ』をいかに多く集めたかで決定されるとのこと。
もし、その中から、『義理チョコに見せかけた本命チョコ』を発見できれば、
この上なくチョー・ラッキーなのではないでしょうか、という意見でした。

その為には日ごろから、特にバレンタインデー直前には、『好感度アップ』を図ることが重要!!
これは現代の下克上であり、新時代の幕開けは好感度の天下を取ることにあると主張しておいででした。



目からウロコの貴重な意見を伺ったところで、がらがら仙人的にまとめてみました。
「下心がスッポンポンの丸出しモッコリでもいいじゃないか、
 バレンタインは、クリスマス同様に宗教とは少ししか関係ないのだから、
 公明正大に、ウニャニャニャ・ウニャニャニャ・ウニャーニャーニャーしようではありませんか!」




posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

がらがら仙人よ、君はチョコレートのために死ねるか!? その1

がらがら仙人が中学生の頃、
梶原一騎原作・ながやす巧作画の漫画、『愛と誠』が少年マガジンに連載され、
大ブレイクしました。(1973年連載開始)

少年誌なのに大人向けのように劇画調で、美麗でデフォルメを控えた正統的な画風、
しかも、『愛と誠』という古風な(?)、純文学的で純愛物語的なタイトル、
当時として衝撃的な登場となり、すぐさま、一世を風靡してしまいました。

がらがら仙人は当時、かっこつけすぎなんじゃないかと思っていましたが、
『愛と誠』は、冒頭から、あるいは事あるごとに、
元インド首相ジャワハルラル・ネルーが娘へ宛てた手紙の一部を引用していました。

がらがら仙人も、謹んで、引用させていただきます。



みすず書房 『父が子に語る世界歴史』 ジャワハルラル・ネルー著 大山聰訳 全8巻 より

   愛は平和ではない
   愛は戦いである
   武器のかわりが
   誠実(まこと)であるだけで
   それは地上における
   もっとも激しい 厳しい 
   自らを捨てて 
   かからなければならない
   戦いである
   我が子よ
   このことを
   覚えておきなさい



ところで、ヒロイン・早乙女愛への愛を貫く、眼鏡の優等生・岩清水弘は、
イケメンらしく、しゃあしゃあと、かっこよく、決め台詞を吐いています、「君のためなら、死ねる」と。

がらがら仙人には、早乙女愛に1年分のチョコレートを付けてもらっても無理です、言えません。




posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

がらがら仙人よ、君はチョコレートのために死ねるか!? その2

「お誕生日が来ると、おまえは贈りものをもらったり、お祝いのことばを受けたりするのがならわしだった。
 けれども、このナイニー刑務所から、わたしはなにを贈りものにしたものだろうか?」

ジャワハルラル・ネルーは、1930年代、イギリスからのインド解放闘争に参加し、
マハトマ・ガンジーの不服従非暴力運動にも協力し、彼は何度も投獄されていました。
そして、刑務所から、14歳の娘インディラに世界歴史を語る200通の手紙を送りました。

ジャワハルラル・ネルーは、1947年に独立を達成したインドの初代首相に就任し、
娘のインディラも第5代・第8代首相となるのですが、
父が子に語った世界観が、娘の人生に大きく影響したことは間違いないと思えます。

手紙の中には、昨日紹介した「愛は平和ではない・・・・」の一節もあるのですが、
がらがら仙人には、他に気になる一節もありました。



みすず書房 『父が子に語る世界歴史』 ジャワハルラル・ネルー著 大山聰訳 全8巻 第2巻 より

はじめの頃は「寛容」を大切にしたイスラム教も、そしてまたキリスト教も、いつしか様子を変えてゆく。やってきたのは、宗教どうしの対立と十字軍の時代、あるいは『アラビアン・ナイト』の時代だった・・・・・。



あら、まあ、冷静で平等で見事な洞察力ではありませんか。
がらがら仙人には、どうも宗教戦争というのが理解できません。
どう考えても「神の為の戦い」ではなく、「エゴ人間が神の名を利用している戦い」だとしか思えません。

ジャワハルラル・ネルー氏は最愛の娘に対して、
プロパガンダや宣伝広告に翻弄されない、真実と真理を見る心を育てたかったのだと思います。
それは優しさに満ちながらも、厳しい言葉となって現れています。

くどい・しつこいは承知の上で、再び、昨日と同じ手紙の一節を記載します。



みすず書房 『父が子に語る世界歴史』 ジャワハルラル・ネルー著 大山聰訳 全8巻 より

   愛は平和ではない
   愛は戦いである
   武器のかわりが
   誠実(まこと)であるだけで
   それは地上における
   もっとも激しい 厳しい 
   自らを捨てて 
   かからなければならない
   戦いである
   我が子よ
   このことを
   覚えておきなさい






posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

がらがら仙人よ、君はチョコレートのために死ねるか!? その3

がらがら仙人が中学生の頃、
マンガ『愛と誠』を読んだときには、元インド首相ジャワハルラル・ネルーが娘へ宛てた手紙に、
感動しながらも、少し違和感を覚えていました。

昨日ブログを書いていて明確になったのですが、
元インド首相ジャワハルラル・ネルーが娘へ宛てた手紙は、たしかに『愛』がテーマではありますが、
それは政治を志向するであろう娘に対して、『祖国への愛』や『人民への愛』を説いたのであって、
マンガ『愛と誠』のような、『男女の恋愛』に対する心構えを説いたものではない、と言うことです。

そこに少し無理があって、違和感を覚えたのだと思います。

へそ曲がりに、ジャワハルラル・ネルーの手紙を解釈すれば、
「恋愛には、恋敵がたくさん登場するので、うかうかしてたらダメだよ。
 宿敵は、ちゃんと蹴落とさなきゃダメだよ。」・・・・・とも解釈できますもの。

マンガ『愛と誠』で、がらがら仙人は、個人的には、
木陰でツルゲーネフの『初恋』読む美少女・高原 由紀が、
実は、花園スケバングループの影の大番長であるとわかったあたりが、一番盛り上がりました。
後半はなんか、ぐちゃぐちゃだったように記憶してます。

がらがら仙人は、今日は敵役(カタキヤク)というかチョイワル親父を買って出ていますので、
最後に、パロディーで締めたいと思いますます。



   バレンタインは平和ではない
   バレンタインは戦いである
   武器のかわりが
   チョコレートであるだけで
   それは地上におけるもっとも激しい 厳しい 戦いである
   岩清水弘のように 「君の為なら死ねる」と言ってきても
   それはその場しのぎの無責任なインチキなセリフなんだよ
   我が娘よ
   このことをよく覚えておきなさい





posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

バレンタイン・イブ

本日は、サイレントナイト・ホリーナイトですので(?)、しめやかに(?)、彼らを語ろうと思います。
イブの夜長、ひさしぶりに、長編にしちゃおうかな〜っと。



あまりにも当然ですが、がらがら仙人は『清水の次郎長』に会ったことがありません。
あまりにも当然ですが、がらがら仙人は『ナイチンゲール』に会ったことがありません。
あまりにも当然ですが、がらがら仙人は『マザーテレサ』に会ったことがありません。
物語や伝記や逸話などを、断片的に間接的に見聞きするだけです。
けれども、けれども、彼らのことを、がらがら仙人は語らずにはいられません。不作法をお許しください。



清水の次郎長は、本名、山本長五郎。文政3年(1820年)清水市美濃輪に生まれました。
儀父の後を継ぎ、相場でもひと儲けしてその才能を現した若き日の次郎長でしたが、
20歳のとき、ある旅の僧から25歳の寿命との予言を言い渡されます。
次郎長は、自らの運命を呪うかのようにはみ出し、家をとびだして侠客の道へ身を投じて行きました。


およそ喧嘩か博打に明け暮れながらも刀の腕と度胸は鍛え抜かれ、次郎長26歳のとき、
甲州津向の文吉と、駿州和田島の田左衛門の、河内の大ゲンカを仲裁したことをきっかけにその名を売り、
いちやく侠名人の仲間入りを果たしました。
刃物も切れれば、頭もきれる。筋も通せば義理も固い。そんな次郎長に惚れてついた者も数知れず、
いつしか子分衆が千人にも及ぶ、東海きっての大親分となっていったのです。

有名な話に、「咸臨丸の事件」があります。
時は明治元年(1868年)、徳川幕府の軍艦「咸臨丸」が新政府の攻撃によって清水港内で沈没しました。
新政府からの懲罰を怖れ、近隣の誰もが見て見ぬふりをしていたなか、
次郎長は傷つく徳川方の軍人を官軍の目の届かぬよう密かに逃がし、
また湾内に浮遊する屍を拾い集め、手厚く供養し葬ったのです。

これらの行為が新政府の耳に止まり、出頭を命令され、詰問を受けましたが、
「死ねば仏だ。仏に官軍も徳川もない。仏を埋葬することが悪いと言うのなら、俺はどんな罰でもよろこんでお受けします。」と答えたのです。
このいきさつを聞いた山岡鉄舟は、
ただの博徒に過ぎない次郎長が、一番高いところからものを見ているとして、いたく感服し、
親交を結ぶようになりました。
また次郎長も自分より17歳も年下の鉄舟に心酔し、数多くのことを学び大きな感化を受けたのでした。

次郎長はその後、様々な社会活動を行いました。
有度山(清水市)の開発、三保(清水市)の新田開拓、巴川(清水市)の架橋、などの地元事業のほか、
遠州相良(榛原郡相良町)で油田の発掘事業にも携わったり、富士の裾野(現富士市大淵次郎長町あたり)の開墾にも着手し、自らも鍬を握りました。
また開墾のかたわら、「これからは外交の時代だ、言葉ぐらい話せなくてはいけない。」と、
明治9年に清水に英語教師を招いて若者の英語教育を始めたました。
さらに、蒸気船の必要を力説し自らも所有し、清水港とその発展にも尽力しました。
晩年は、いつも懐に菓子を持ち子供に与え、金を持てば困った人にくれてまわる毎日だったといいます。
明治26年6月12日、次郎長は74才でその生涯を終えました。
遺骸は、妻のお蝶、大政、小政ら子分たちの墓に守られ、静かに清水市梅蔭寺に眠っているそうです。



ナイチンゲールは、クリミア戦争のときに、敵味方の区別なく看護に献身したとされ、チョー有名。
看護士の理想像とされています。
病院の衛生化近代化にも尽力し、病院での死亡率を劇的に減少させることに成功しました。

がらがら仙人は小学生の頃、「女だから〜〜〜ナイチンゲール〜〜〜」などと、
どうしようもなく不謹慎極で幼稚きわまりない発言をしていましたが、もう取り返しができません。
罪滅ぼしにもなりませんが、ナイチンゲールのご苦労を偲びたいと思います。 

ちなみに、クリミア戦争は1853年(つまり、清水の次郎長が生誕する15年前)から1856年の間、
クリミア半島・カムチャツカ半島などを舞台に行われた戦争です。
フランス・オスマン帝国・イギリスの同盟軍と、サルデーニャ・ロシア軍が戦い、
近代史上稀にみる大規模な戦争となってしまいました。

フローレンス・ナイチンゲールは、イギリス人の両親が旅行中に、トスカーナ大公国の首都フィレンツェで生まれました。
幼少期は、非常に高い水準の教育を受け、複数の言語を自在に操り、ギリシア哲学や、数学、統計学、天文学、経済学、歴史、美術、音楽、絵画、地理学、歴史学、心理学といった勉強まで、十分な教育を受けて育ちました。
しかし、慈善訪問の際に、貧しい農民の悲惨な生活などを目の当たりにするようになり、
徐々に人々に奉仕する仕事に就きたいと考えるようになっていったのです。

ナイチンゲールは、母親に反対されながらも、無給でロンドンの病院へ就職することになりますが、
当時、看護婦は、病院で病人の世話をするだけの専門知識も必要としない下女の仕事とされていました。
そして、クリミア戦争が勃発し、前線での負傷兵の扱いがとても悲惨であることが伝えられるようになり、
ナイチンゲールも自ら看護婦として従軍する決意を固めます。

戦時大臣の依頼で、ナイチンゲールはシスター24名、職業看護婦14名の計38名の女性を率いて、
後方基地の病院に到着しますが、兵舎病院は極めて不衛生で、必要な物資も供給されていませんでした。
さらに現地の軍医長官らは、ナイチンゲールらの存在を快く思わず、看護婦団の従軍を拒否してしまいました。
そこでナイチンゲールらは、病院の便所掃除がどの部署の管轄にもなっていないことに目をつけ、
まず便所掃除を始めることによって病院内へ割りこんでいきました。
次に、管轄が曖昧で人手がなかった衣類の洗濯を引き受けましたが、
これにより清潔な衣類が得られ、野戦病院の清潔が保てる環境が次第に改善されていきました。
ナイチンゲールの一途な仕事ぶりと、相手が誰であろうと直言を厭わない果敢な姿勢もあって、
病院での兵士の死亡率は急激に改善されていきました。
そして、それらは、徐々に軍医長官にも認められるようになっていったのです。

けれど、それらは、試練の始まりでしかありませんでした。

病人・怪我人の大群が雪崩込んでくれば、彼女は24時間不眠で立ち働き、
怪我人に包帯をするために、8時間もひざまずいたままだったこともあります。
ランプを片手に、夜も患者たちの見回りを続けました。
ある年の冬は、2000人もの患者の臨終に付き添うことにもなりました。

けれど、「白衣の天使」ナイチンゲールの功績は、その献身的な看護だけにとどまりません。
かつて学んだ統計学を用い、病院の状況分析や数々の統計資料を作成し、
改革を目的とした各種委員会に提出するなど、やがて、保健制度および陸軍全体の組織改革にもつながったのでした。

ナイチンゲールは、
『愛というのは、その人の過ちや自分との意見の対立を許してあげられること。』
と、慈母観音様のような優しさと寛容を示しながらも、
『天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である。』
と、ジャワハルラル・ネルーが娘にあてた手紙と共通の意見を述べています。
けっこう気丈な、不動明王様のような発言もなさっていたのです、ね、わーい(嬉しい顔)




マザーテレサについては、ノーベル平和賞をもらうまで、がらがら仙人は彼女の存在を知りませんでした。
日本には、1981年4月、1982年4月、1984年11月と3度も訪日してくださったのに、
そんなニュースもまったく存知上げなかった次第です。

がらがら仙人がマザーテレサ様に興味を抱かさせていただくことができたのは、
長女が、マザーテレサ財団でボランティアやるんだとぬかしてインド旅行に行ったときと、
どなたかの著書で、マザーテレサの活動を知ったときです。

マザーテレサは、インド・カルカッタのスラム街の中で、最も貧しい人の中で働くことを選択しました。
「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く」、
啓示を受けたからとも言われていますが、マザーテレサは、その選択をしたのでした。

がらがら仙人は、1週間くらい悩みました。

マザーテレサは、死にかけた「飢えた・裸の・家のない・体の不自由な・病気の・必要とされることのない・愛されていない・誰からも世話されない」人、に出会ったとき、
ホスピスに引き取り、体を清め、貧しい中で最善の手当てをし、時には手を握り、祈り、
彼らの最後に付き添ったというのです。
それって、どういうこと?なんのために?どんな価値があるの?どんな利益があるわけ???

がらがら仙人の結論は、、、、、それが『愛』だからです。

神様に言われたからするわけではありません。
人間として立派な行為だから、そうするわけではありません。
価値があるから、利益があるから、目的があるから、そのためにするのではありません。
『愛』のためにするのではありません。!!!
無私の奉仕でもありません。!!!

がらがら仙人の結論は、、、、、それが『愛』だからです。

がらがら仙人の理論によれば、『愛』は『寛容』を生むし、
『愛』から『チョコレート』が発明されたのです。!

マザーテレサ様は、記者のインタビューの中で、
「世界平和のために私たちはどんなことをしたらいいですか」との質問に、
「家に帰って家族を愛してあげてください」などと万人うけする答えをしておりますが、
どうしてどうして、(敬愛と親愛を込めてあえてこう表現しますが)、
この食わせ物のおねえちゃんは、!、こんなきついことも言っています。

『もし貧しい人々が飢え死にするとしたら、
 それは神がその人たちを
 愛していないからではなく、
 あなたが、そして私が、
 与えなかったからです。』   がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

今日のブログを書くにあたりインターネットを調べてみましたら、
マザーテレサは、じつは心に深い闇を抱えていた、と言う記事もありました。
けれど、もしそうだとしても、そのことは彼女の価値を少しも傷つけるものではありません。
むしろ、心に深い闇を抱えていてそのような行為ができたとしたら、更なる称賛に値すると思います。

『愛』は、人間が未熟であったとしても、罪深くあったとしても、それらを凌駕して存在します。
『愛』に臆病になる必要はないのです。

ですので、がんばってねーーー小中学生のみんなーーー、勇気を持ってチョコレートをあげるんだーーーよ。





posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

あなたのバレンタインより

From Your Valentine


今日は、「ネクタイの日」ですので、あなたにネクタイをおくりましょうか、あなたに首っ丈。
今日は、「煮干の日」ですので、あなたに煮干をおくりましょうか、骨まで愛して。
今日は、「ふんどしの日」ですので、あなたにふんどしをおくりましょうか、大切なものをしっかり守ります。
今日は、「チョコレート」の日ですが、なんにもしなくてもメチャクチャ売れる日なので、
日本チョコレート・ココア協会は、現在では今日は何の行事もしていないとのことです。



ちなみに、今日は「聖バレンタインデー」ですが、関連記念日がおもしろいので紹介します。
ちなみに、中国語では「情人節」と書き、ホワイトデーは、「白色情人節」と書きます。
ちなみに、1966年2月14日、将棋の羽生善治が王将位を獲得し、史上初の七冠を達成しました。
ちなみに、2007年2月14日、中川昭一財務相が、ローマで開催された財務相・中央銀行総裁会議の後、ヘベレケで記者会見を行い、批判を浴び3日後に大臣を辞職しました。



•ホワイトデー  <3月14日> 白いものお返しする日。
•オレンジデー  <4月14日> ホワイトデーのお返し物が気に入ったら、愛情アップにオレンジをどうぞ。
•ブラックデー <4月14日> 韓国では、バレンタインに無縁だった人が、黒い物をやけ食いします。
•イエローデー <5月14日> 韓国では、まだ恋人ができない人は、カレーライスを食べるしかない。
•ローズデー  <5月14日> 韓国では、バレンタインからのカップルが続いているなら、薔薇を贈ります。
•メイストームデー <5月13日> バレンタインデーから88日目。そろそろ別れを切り出しましょう。
•恋人の日  <6月12日> ブラジル版バレンタインデー。縁結びの聖人アントニウスが歿した前日、祝?。
•サマーバレンタイン <7月7日> 七夕とかぶっているので、全然認知されていない。
•セッテンバーバレンタイン・メンズバレンタイン  <9月14日> モッコリとしか言いようがない。
•恋人達の日(くつしたの日) <11月11日> カップルで、ペアの靴下はいかが?
•ダズンローズデー <12月12日> ブライダルファッション関係者が流行らせようとしている。
•遠距離恋愛の日  <12月21日> 年の瀬が迫っていて、大変ですねえ。



がらがら仙人は、バレンタイン司教に同情を禁じえませんが、なにはともあれ、ほーりーないと。




posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

犬には失礼ですが

昨日、テレビで『天才!志村動物園』(日本テレビ)を見ていて、つくづく、思いましたねえ。

ほんとうに、犬さんたちには申し訳ないのですが、

『イスラム国(ISIL)』の戦闘員の人たちって、犬 以下の人たちですねえ。

どうやって救ってあげればいいんでしょうかねえ!?

ワンちゃんたち、ごめんね、君たちには何の罪もないのに、引き合いに出しちゃって。

えっ、ワンちゃんたち、何だって!? やつらは、救いようがないって!?

ひどいなあ、そんなこと言うなよ〜〜〜。





posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

目には目を、歯には歯を・・・・・その1

がらがら仙人は中学2年生のときに、『世界史』の授業を受けました。



恐竜が絶滅した、もんげえ昔の地球に、
現代文明の源泉と言われる4つ文明が誕生しました、とさ。
これを、「世界4大文明」と言うんだそうな、これ、試験に出ますからね、ちゃんと覚えるように!

いずれも、もんげえアバウトにいうと、紀元前3000年(今から約5千年前)には成立していたとされますが、
起源の古い順から、
メソポタミア文明---ティグリス・ユーフラテス河流域
エジプト文明------ナイル川流域
インダス文明------インダス川流域
黄河文明----------黄河流域
となります。

ちょっと待ったあ!!!

北朝鮮では、「大同江文化」がやはり紀元前3000年頃には、朝鮮・大同江流域で栄えたとし、
世界最初の古代文明は古代朝鮮を加えた「世界五大文明」だとする記事を掲載しています、
韓国では、教科書にまで載っていて、「世界五大文明」を学校で教育しているそうです。

ちょっと待ったあ!!!

そもそも、「世界4大文明」という言い方は東アジア方面でしか使われておらず、
「世界4大文明」という概念の発端は、清朝の政治家でジャーナリストの梁啓超が、
国を追われ亡命し、「詩」の中で詠まれたものにあるとされています。
がらがら仙人が推測すると、望郷の思いと、中華思想から、「世界3大文明」に1つ付け足した!!!???

そもそも、国際的な歴史学会では、「世界4大文明」の概念が存在しません。当然、「世界5大文明」も。

そもそも、
黄河文明より1000年も前に、中国長江流域に長江文明が栄えていたことが確認されているんです。

(なのに、何で学校で教えるんでしょうかね?教育関係者が馬鹿なんでしょうかね?政府の圧力なんでしょうかね?国民性として『世界〇大〇〇』が大好きだからでしょうかね?劇場型演出として歴史にメリハリをつかたかったからなんでしょうかね?過ちを改めるに憚ることなかれと言うのにね。負けず嫌い?意地っ張り?)

そもそも、『世界史』という概念は、『西洋史』という概念とほぼ同じで、視点の偏りが心配です。

そりゃあ、西洋人は自信に満ち自分大好きだから、自分とこの研究は微に入り細に渡り一所懸命ですけど、
よそ様の文明には敬意も払わずズタズタに破戒しておいてさ、
ネタ切れなもんだから、近年になってやっと、よそ様も研究しようってんだから、虫がよ過ぎますわねえ。

余談ですが、、
黄河文明より1000年も前に、中国長江流域に長江文明が栄えていたことが確認されていますが、
これは漢民族が起こした文明ではないので、漢民族が92%を占める中国では、これを大文明とするのは、
清朝の政治家でジャーナリストの梁啓超にも中国人も、都合が悪かったのでしょうね。
ちなみに、長江文明が日本人のルーツだととする説がありますので、興味のある方は研究して見てください。
ちなみに、世界最古の土器は日本で発見されているんだから、日本こそが文明に一番乗りしていたのでは!?
ちなみに、世界最古の土器は、青森県大平山元遺跡の縄文土器で、放射性炭素年代から推定すると、約1万6千年前なんだけどなあ。やっぱり地球の文明の発祥は、日本なんじゃないんですかねえ!?

ちょっと待ったあ!!!

超常現象や超科学や不思議大好きな方だと、
『オーパーツ』と呼ばれる、一般的な歴史観が通用しない、『遺物』のことに言及したくなるかもしれません。
また、『アトランティス文明』など、先史時代に存在したとされる、『超古代文明』のことはどうするんだと言いたくなるかもしれません。
まあ、今回そういうことは、スルーします。




色々な意見や立場の違いや納得できないことがあるかもしれませんが、
がらがら仙人は、「メソポタミヤ文明」の「ハムラビ法典」の中の
『目には目を、歯には歯を・・・・・』という文面をネタにしようと思っています。
たしか、アッカド語が使用され「楔形(くさびがた)文字」で書かれていたはずです。





posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

目には目を、歯には歯を・・・・・その2

がらがら仙人は中学2年生のときに、「世界史」の授業で、『ハムラビ法典』のことを知りました。



歴史の先生いわく、『ハムラビ法典』のなかには、「目には目を、歯には歯を・・・・・」という、
有名だが、恐ろしいことが書いてあるとのこと。
もし、誰かの目をつぶしてしまったら、犯人は同様に目をつぶされ、
もし、誰かの手を切り落としてしまったら、罰として、同様に犯人は腕を切り落とされるという、
日本では考えられないような残忍な刑が処せられる、と言うものでした。

場所は中東、いみじくも、現在『イスラム国(ISIL)』で揺れているあたりですが、
45年前の・がらがら仙人中学生には、砂漠とアラビアンナイトの世界しかイメージできませんでした。



今から45年前の新潟地方には、NHKとNHK教育とBSNの3つの放送局しかなく、
UHF放送が始まりかけて、NST局ができていたかいないかの頃。
プロレスファンの・がらがら仙人は、サンダー杉山・豊登・グレート草津・ラッシャー木村らが所属する国際プロレスの中継しか見ることができず、
ジャイアント馬場・アントニオ猪木・山本小鉄らが所属する日本プロレスの試合中継を見たい場合は、
BSNの受信が悪くなるのを承知で、アンテナを福島放送の方に向けなければなりませんでした。

力道山はだいぶ前に刺殺されて亡くなっていました。

中学2年生・がらがら仙人にとっては、西欧人(白人)のイメージは、
「人間風車」のビル・ロビンソンがイメージ。華麗で自信に満ちていて正義のイメージ。
中学2年生・がらがら仙人にとっては、中東人(アラビアンナイト)のイメージは、
「アラビアの怪人」ザ・シークという、狡賢くて卑怯で姑息でいかがわしい悪のイメージでした。

何しろ「外国人」なんて、実物は1度も見たことがなかったですしねえ。
付け足しですけど、がらがら仙人は髪がかなり赤毛だったものですから、
よく「外国人」とからかわれました。

そんなベースがあるものですから、
『ハムラビ法典』のなかの「目には目を、歯には歯を・・・・・」という言葉は、
やられたらやり返すという、復讐すべしという、怖い言葉に思えました。

キリスト教でも、目には目をのフレーズは、復讐を容認どころか、推奨した言葉という認識のようです。
ユダヤ教の宗教改革者・イエスは言います。
「あなたたちも(旧約聖書で)聞いているとうり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておくが、悪人に手向かってはならない。もし、だれかがあなたの右の頬を殴るなら、左の頬も向けてやりなさい。・・・・・・」
 (新約聖書 共同約 マタイオスによる福音 復讐してはならない ルカ6 より)



ところが、がらがら仙人にとって、この言葉の評価は、現在、180度、変わりました。
『ハムラビ法典』での「目には目を、歯には歯を・・・・・」という言葉は、
『寛容』を育てる為の言葉だったのです。





posted by GARAGARA-SENNNINN at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。